福岡アパート経営|公式サイト
福岡アパート経営
賃貸経営

原価法

原価法とは、不動産鑑定評価のための手法の一つです。対象となる不動産の再調達原価を基にその不動産を鑑定評価します。 原価法では、不動産の再調達原価に基づいて、減価修正を行って、現時点での価値を割り出していきます。例えば、すでにある中古住宅を、再度建築した場合にいくらの費用がかかるかを算出し(再調達減価)、築年数によって下がった価値を割り引いて(減価修正)、現在の価値を算出します。 土地についても、再調達減価を割り出し、原価法を適用することができます。ただし、この原価法は、再調達減価の把握と適正な減価修正を行うことができるのなら有効な手法ですが、再調達減価を把握できない市街地などでの原価法の適用は困難となります。不動産鑑定評価の手法にはこの他に、取引事例比較法と収益還元法があります。

【福岡アパート経営】他のキーワード

福岡アパート経営で
大切な資産運用・堅実な不動産投資

アパート経営・アパート購入で大切なのは、まずご自身の目でお確かめいただく事。

~入居率98%を誇る運用実績豊富なプロフェッショナル講師陣から3つのご案内~

◇まずは資料を見てみたい・遠方にお住まいの方なら◇不動産投資DVD
◇やはり物件を見てみたい方は◇アパート内覧会
◇納得いくまでアドバイスを受けてみたい方は◇不動産投資セミナー

アパート経営・不動産投資をお考えの方、お悩みの方。
適切な投資で長期的に安定した収益・利益のアドバイスに努めます。
貴殿の大切な資産運用だからこそ、ご納得いくまでご相談下さいませ。

※三和エステートのサイトに移動します。

  • 不動産運用dvd
  • 福岡 物件見学会
  • 福岡 不動産投資セミナー
このページのトップへ